ゲイの為の総合情報ブログ

ゲイのための総合情報fブログです。

[PR 広告]


この広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。広告を消すには新しい記事を投稿して下さい。
  1. -/-/-(-) -:-:-|
  2. [PR 広告]

バイト先の店長からコスプレHさせられた

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:25:16.36 ID:TqBLCchiO

とにかく、ここで話させてください。
お願いします。


 


8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:26:11.82 ID:oLRKG/KG0

なんだホモスレか
 

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:26:23.77 ID:2HsRnENe0

                | │                   〈   !
                | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ
               /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !
               ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |
_______∧,、_| | /ヽ!        |            |ヽ i !_ ______
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄ ヽ {  |           !           |ノ  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ヽ  |        _   ,、            ! , ′
                \ !         '-゙ ‐ ゙        レ'
                  `!                    /
                  ヽ     ゙  ̄   ̄ `     / |
                      |\      ー ─‐       , ′ !

 

24 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:28:36.07 ID:f4WqVVxpi


\   / .::::::::::::::::::::::::;;:;;::,ッ、::::::   ) く   ホ  す
  \ l  ,ッィrj,rf'"'"'"    lミ:::::::く   れ  モ  ま
     Y           ,!ミ::::::: ヽ  な  以  な
`ヽ、  |           くミ:::::::: ノ   い  外  い
     |、__  ャー--_ニゞ `i::::,rく   か  は
``''ー- ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   }::;! ,ヘ.)  !  帰
      ゙ソ   """"´`     〉 L_      っ
      /          i  ,  /|    て    r
≡=- 〈´ ,,.._        i  't-'゙ | ,へ     ,r┘
,、yx=''" `ー{゙ _, -、    ;  l   レ'  ヽr、⌒ヽ'
        ゙、`--─゙      /!         `、
  _,,、-     ゙、 ー''    / ;           `、
 
25 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:28:50.05 ID:TqBLCchiO

俺は現在、高二の男だ。
事件があったのは去年の夏のこと……


俺は中学ん時から調理師になる夢を持っていた。

そして、高校に入学してすぐ、俺はバイトを始めることにした。
調理師専門学校の入学費用を稼ぐためだ。

 

29 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:30:31.51 ID:fPJDX0XQ0


  ○
(( (ヽヽ    ンギモッヂイイッ!
   >_| ̄|○

しまった!ここはホモスレだ!
オレが掘られているうちに他スレへ逃げろ!
早く!早く!オレに構わず逃げろ!

 

33 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:32:00.67 ID:TqBLCchiO

俺は近所にある出前寿司屋で働こうと決めた。
そこの店長とは昔から顔見知りだったので、楽に採用してもらえると思ったからだ。

しかし、面接で出てきたのは知らないおっさん(30代後半の小太り)だった。

聞くところによると、店長の息子らしい。
半年前、店長が胃癌で入院したため、
息子である自分が代理で店長を務めることになったようだ。

 

36 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:33:54.03 ID:TqBLCchiO

人見知りな俺は、顔馴染みの旧店長を期待していたので落胆した。
知らないおっさんとまた一から人間関係を築かなきゃならないのが面倒だったからだ。

面接の質問に一通り答えた後、店長がいきなり

「いや~、でも君、可愛い顔してるね~」

とか言って、俺の容姿を褒めてきた。
華奢で童顔なのがコンプレックスだった俺は、内心、嫌な気分になった。

 

42 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:36:18.27 ID:TqBLCchiO

しかし、その直後、店長が

「うん。君はほぼ採用決定かな~」
と呟き、つづけて

「ここだけの話、面接の時点でほぼ採用決定とか言ったの、君が初めてだよ」
と言って微笑んでくれた。

俺は嬉しかった。
「ほんの10分そこらのやりとりで、自分の人間性が認められたのだ!」と。

しかし、その時はまだ
店長の微笑みの本当の意味を知るよしもなかった……

 

44 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:38:32.63 ID:TqBLCchiO

その日の晩、無事、店長から採用の一報をもらった。

後日、俺は「握り」の練習のため、店に呼ばれた。

店に入ると、店長とベテランのおばちゃんが出迎えてくれた。
軽く挨拶を済ました後、
俺は、おばちゃんから握り・電話注文の受け答え・後かたづけ……
一通りの作業を教わった。

 

46 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:39:37.90 ID:TqBLCchiO

店を閉めた後、おばちゃんが桃をカットして出してくれた。
それから、俺と店長とおばちゃんの三人で、桃を喰いながら他愛も無い雑談をした。

その雑談の中で店長が

「どう?この子可愛くない?」
と、おばちゃんに俺の容姿について尋ねた。

おばちゃんは苦笑いして軽く流していた。
俺もその横で苦笑いしてた。
その間、店長はずっと俺の顔を見つめてニヤニヤしていた……

 

51 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:41:38.58 ID:TqBLCchiO

それから、研修期間中、
俺はおばちゃんの指揮の元、懸命に仕事を覚えた。

そして、研修期間を終えると、
今までおばちゃんとセットでシフトを組まされていた俺も、店で店長と二人きりになる日が増えていった。

 

52 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:42:29.76 ID:TqBLCchiO

まあ、しかしなんだ…
うちの店は正月とお盆以外は滅法暇らしい。
酷いときは土日でも注文0件なんて日もあった。
店長の気分次第で勝手に閉店時間を早めるなんてこともざらだった。

ホント、なんで潰れなかったのか今でも不思議だ……

 

53 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:43:35.40 ID:TqBLCchiO

話に戻る。


その日も店は暇だった。
店長はお菓子喰いながらケータイでゲームやってる有り様だった。

俺はその横でひたすら店内を掃除してた。
なんの生産性も無い作業だが、「俺ちゃんと仕事してます」アピールのつもりだった。

そんな時、ケータイを弄ってた店長が不意に

「君って彼女とかいるの?」

と聞いてきた。
俺はいきなりのプライベートな質問にビックらこいた。

 

54 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:45:16.76 ID:TqBLCchiO

「いませんけど…」

俺は正直に答えた。
すると、店長は

「ふーん。君はそういうの興味ないの?」

と返してきた
シャイボーイな俺は

「はい、まぁ…(本当は性欲オバケの色欲大魔人だけどな)」

と答えた。

その後、この返答が俺の人生を大きく変えることとなるとは……

 

55 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:47:08.18 ID:TqBLCchiO

すると、俺の返答を聞いた店長はニヤニヤしながら

「えっ?……もしかして君って『そっち』なの?」
と聞いてきた。

俺は慌てて否定しようとした。
しかしその直後、
店長がいきなり椅子から立ち上がり、
ニヤニヤしながら無言で俺の方に近づいてきた……


俺は恐怖した。
当時、160cmしかなかった俺に180cmはあるだろう大男が迫ってきたのだから……
いや、そんな物理的恐怖よりもやはり、
俺にゲイの疑いをかけながらニヤニヤ顔で近づいてくるおっさんに心理的恐怖を感じたのだ。

 

56 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:48:25.50 ID:y0QBMgpJi

男だとわかった瞬間人いなくなったな(笑)
 

57 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:48:50.24 ID:TqBLCchiO

俺は動揺して震えていた。
店長がどんどん近づいてくる。

すると、店長は俺の目の前で立ち止まった。
そして、なにやらケータイの画面を俺に見せてきた。

(なんだろう……?)

俺は恐る恐るケータイの画面をのぞいた……

 

59 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:49:46.67 ID:TqBLCchiO

すると、そこには
メイド姿の女の子が服をまくって、おっぱいポロンしてる画像が写っていた。

かなり貧乳な女の子だったが、
当時、エロに慣れていなかった俺は、店長の前にも関わらず興奮した。

そして、俺は店長の次の一言でさらなる衝撃を受けることとなる……

 

60 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:50:01.07 ID:KLHEgEFR0

俺は見てるよ
 

63 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:51:03.21 ID:TqBLCchiO

店長「この子ねぇ、男の子なんよ」

俺「えっ!?」

店長「女装男子ってやつね」

俺の頭は混乱した。
ついでに、股間も混乱した。
当時、うぶな俺は
そんな『世界』があることを知らなかったのだ。

そして、その直後、俺は我にかえった。

「こんなものを見せて、店長は俺に何をしたいんだ……?」と。

 

66 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:52:46.94 ID:TqBLCchiO

不安な表情で突っ立つ俺に、店長が

「君はこういうのに興味ない?」
と、ニヤニヤしながら聞いてきた。

俺「いや、だから俺、男になんて興味ないですから」ハハハ…

店長「いやいや、そうじゃなくて、こういう女装とかに興味ないの?って聞いてんの」

俺「えっ」

店長「君可愛いから絶対似合うと思うんだけどな~」
そう言うと、店長はおもむろに財布から5000円札を取り出した。

 

67 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:53:26.25 ID:/SeMtmhR0

ボーナス確定!
 

68 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:54:07.74 ID:TqBLCchiO

俺が状況を飲み込めず、呆然と突っ立っていると

「お願い。悪いこと言わないからこれで頼むよ。」
と、店長が俺にその5000円札を差し出し、なにやら懇願してきた。

(頼むって何をだよ…?)

俺は意味がわからなかった。
しかし、俺は目の前の5000円札に目がくらみ、訳もわからぬまま店長の言う通りにすることにした。

店長は大喜びしてた。

 

69 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:54:18.09 ID:2kzouLMzi

とりあえずパンツ脱いだけど誰かいる?
 

70 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:55:13.93 ID:TqBLCchiO

そしてその後、店長は早々に店を閉め、俺に車に乗るよう言った。

(いったいどこに連れてかれんだ…?)
内心不安だったが、5000円札には勝てなかった。


車を走らせて30分は経っただろうか。
車は、川沿いにある、ビジネスホテルの前で止まった。

店長がなにやらブリーフケースを持ってホテルに入ってった。
俺も黙って店長についてった。

部屋に入ると、店長がブリーフケースから何かを取り出した。
それを見て俺は嫌な予感がした。

 

73 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:55:26.54 ID:dK45uo4oi

wktk
 

74 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:57:02.33 ID:TqBLCchiO

俺の目に飛び込んできたのは、
水色のセーラー服・ミニスカートと黒のソックス……
それから、黄色のリボン?がついた茶色っぽいウィッグだった。

店長「じゃあ、さっそくだけど着替えよっか」ニヤニヤ

俺「えっ?」

俺は困惑したが、ニヤニヤ顔の店長を前にして、退くに退けなかった。
それに、たかが女装しただけで5000円が手に入るなら、しれたもんだと思った。

 

75 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:58:00.19 ID://t4yHzv0

あれ?なんか勃起してる俺がいる
なぜ?

 

76 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 22:58:54.86 ID:TqBLCchiO

俺は店長の前でトランクス一丁になった。
相手は男なのに妙に恥ずかしかった。

それから、俺はさらなる辱しめを受けることになる。

店長「ああ、トランクスも脱いでね」

俺「はい?」

店長は、女もののパンツとブラジャーを俺に差し出した。

俺(嘘……だろ?)

俺は激しく動揺した。
しかし、羞恥を抑え、しぶしぶ差し出されたパンツとブラを装着した。

一通りの衣装に着替え、ウィッグをつけた俺は
完全に女の子になっていた。

 

82 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:01:12.85 ID:TqBLCchiO

「いいねいいね~!可愛いよ~!凄く似合ってるよ~!」

店長は大興奮していた。

俺はメチャクチャ恥ずかしかった。
しかし、なんだか少し嬉しくもあった。

すると店長が不意にケータイを取り出し、いきなり女装姿の俺を撮影しだした。

俺「ちょっ…何してんすか!?」

店長「何って……このために君をここに呼んだんだけど…」

店長が一瞬、不機嫌そうに八の字眉毛になった。
怖じ気づいた俺は、店長の言う通りにするしかなかった。

 

83 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:02:15.64 ID:TqBLCchiO

それから俺は、店長の要求に従い、乙女チックなポーズを色々撮られた。

恥ずかしかった。
しかし女装した俺は、なんだか自分が女の子になれたような気になり、
妙に興奮していた。
自分の中の『何か』が目覚めたようだった。

 

85 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:03:30.26 ID://t4yHzv0

こうやって堕ちてくのか
 

88 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:03:52.51 ID:TqBLCchiO

一通りの撮影を終えた。

(さて、店長もこれで大満足だろう。5000円札頂いて帰るか…)

そう思い、俺がウィッグを外そうと頭に手をやると

「ちょっと待って!」

いきなり、店長からストップがかかった。

そして、店長が鼻息を荒くしながら、無言で俺の方に近づいてきた。
もう俺には嫌な予感しかしなかった。

 

90 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:05:25.62 ID:TqBLCchiO

すると今度は、店長が俺の前で10000円札を取り出した。

店長「プラス5000円追加で頼むよ。」

俺「え?……今度はなんですか…?」

店長「これで……ヤらせてくれない?」

俺「え…」


俺は戸惑った。
いや、正確に言えば、『戸惑うふり』をした……

なぜならそのとき俺は、女装して完全に乙女モードになっていたからだ。

『犯されたい願望』なるものを抱いてしまっていたのだ……

 

92 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:07:35.05 ID:TqBLCchiO

俺は店長に手をひかれ、ベッドまで誘導された。

俺はベッドに押し倒され、店長の太い腕で、華奢な両腕を押さえ込まれた。
そして、店長は俺にキスしてきた。
ザラザラとした髭の感触とタバコ臭い口臭が不快だった。

しかし、粗野な山賊に捕まりレイプされる村娘気分になり、
逆に興奮を駆り立てた。

 

93 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:08:39.07 ID:TqBLCchiO

次に俺は、服の上から
あるはずのないおっぱいを揉まれた。
揉まれる度にブラが乳首に擦れて気持ちよかった。

そしてその後、
俺は服をまくられブラをずらされた。

店長に右乳首をチューチュー吸われ、左乳首をコリコリつまみ倒された。

俺は息を荒くし、快楽で体をビクンビクンと反応させていた。
肉棒は血を吸い過ぎて破裂しそうだった。

 

94 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:08:57.63 ID:ibIp9+lE0

>>1 IDがBL
 

95 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:09:07.26 ID:dK45uo4oi

わろた
 

99 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:12:04.55 ID:TqBLCchiO

そしていよいよ、店長は俺のパンツに手をかけた。

店長は、俺のパンツから金玉袋だけをはみ出させ、口に含んで引っ張ったりした。
俺は妙な快楽に悶えた。

 

100 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:12:04.89 ID:E7/02PWqi

はよ
 

101 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:12:56.70 ID:TqBLCchiO

その後、店長は、俺のパンツを脱がし
勃起チンポをくわえ始めた。
絶えず生成される俺の我慢汁を、店長はチュパチュパ吸いとって「おいひぃおいひぃ」と言っていた。

俺の勃起チンポは、店長の口内で激しく責められ、
我慢の限界を迎えようとしていた。

 

103 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:14:00.44 ID:TqBLCchiO

そして、俺はとうとう射精してしまった。
人生初の口内射精である。

店長はベロを出し、俺にザーメンを見せつけた後、ゴックンした。
幸せそうだった。


さあ、次は店長が抜く番だ。

 

104 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:14:39.69 ID:dK45uo4oi

はやくっ
 

105 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:14:56.14 ID:2ETcVZQWO

店長にはイケメン補正
 

109 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:15:29.32 ID:TqBLCchiO

俺は店長に優しく股を開かれた。

そして、店長から両手で思いっきりアナルをこじ開かされ、
そこに店長が勃起チンポを挿れてきた。

俺は、痛みと不安と快楽とで頭がおかしくなりそうだった。

でも、不安そうにする俺に、店長が優しく声をかけてくれた……

 

110 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:16:46.20 ID:TqBLCchiO

店長「大丈夫だよ。優しくするから」

そのとき、俺の胸はときめいた。
どうやら俺は店長に恋をしてしまったらしい。

そして、俺は静かに答えた。

俺「お願いします…」
と……



こうしてその日、俺と店長はひとつになった。

 

114 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:19:00.37 ID:TqBLCchiO

そして現在、
店長は店を閉め、新たな事業(在宅介護サービス)をスタートした。

俺は学校帰り、店長の事務所にひょっこり顔を出すのが日課になっている。

二人でコスプレHを楽しむためだ。


あるときはセーラー服で、教師と生徒の禁断プレイ。
また、あるときはメイド服で、ご主人様プレイ...

俺は毎日、店長がネットで取り寄せてくる新しいコスチュームが楽しみで仕方がない。

 

117 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:21:45.02 ID:TqBLCchiO

しかし、果たして二人がこのままの関係を続けていいものか……
日々、自問自答してしまう俺がいるのも事実だ。
同性愛なんてまだまだ社会的にオープンになってないからな……

ほんと、俺は女の子に生まれたかったよ……

 

122 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:23:09.19 ID:TqBLCchiO

それに、生まれる国も間違えたみたいだ。
日本じゃ同性婚が禁じられてるとか……
いったいどんだけ自由のきかない国なんだよ。

はぁ…

こんなところで文句言っても意味無かったな…

ま、ちょっと聞いて欲しかっただけだよ。
おしまいおしまい

 

115 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/05(火) 23:19:46.99 ID:dK45uo4oi


  1. 2014/10/19(日) 17:43:7|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俺とゲイとの10日間 | ホーム | 人とは少し感覚がずれてる俺の話を聞いて欲しい。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 X 閉じる